パターンを知る

糖尿病にならないようにするには

糖尿病とは、血糖値が病的に高い状態を指す病気です。 症状は、無症状のこともあれば著しい喉の渇きや大量の尿を排出する場合、さらには意識障害や昏睡状態にまで至る場合など、様々です。 糖尿病なりにくい生活を送るためには、まず食事を気を付けることが大切になってきます。 糖尿病は大きく1型と2型に分けられますが、日本人の場合、患者の約95パーセントが2型と言われており、ストレスや暴飲暴食、運動不足や肥満などが原因として挙げられます。 なりにくい生活や食生活を送ることが大切になってきます。 食事においては、まずは、必要以上のカロリー摂取を避けることです。 間食はできるだけ避け、甘みが欲しい時は代用となる人工甘味料を使用するのも良いです。 また、揚げ物などカロリーの高い物は避け和食中心にしたり、野菜や海藻等から食物繊維を積極的に摂ることも大切です。

なってしまった場合の治療法について

糖尿病になってしまったら、治療が必要です。 治療法は、大きく分けて3つあります。 食事療法、運動療法、薬物療法です。 食事療法は、先に述べたように、日々の食事において様々な点を気をつけて食事を行うというものです。 運動療法は、この病は運動不足からも引き起こされる場合があるので、適度な運動をします。それにより、予防や改善に繋がってきます。 低血糖の症状がでる場合などは、運動療法は慎重に行う必要があるので、医師の指示の元で行います。 薬物療法は、病院から薬を処方してもらい、血糖値を下げる治療方法です。 かなりの高血糖の場合、早目に血糖値を下げることが有効になります。 どれも根本治療ではなく、やめてしまえばまた元に戻ってしまう場合もあるので、日々の生活の中で、ならないように気をつけておくことが大切です。