もたらす影響とは

糖をエネルギーとして細胞に取り込めないという共通点

2型糖尿病は、インスリンの分泌が弱くなったり、そのはたらきが悪くなることで発症すると考えられています。 インスリンが上手くはたらかないと、ブドウ糖をエネルギーとして細胞に取り込めなくなり、細胞が飢餓状態に陥るためです。 一方、アルツハイマー病もまた、最近の研究により同じように糖分が脳にエネルギーとして届かなくなり、アミロイドベータとタウという物質が脳に蓄積されることが原因ではないかと言われいます。 そのため、「脳の糖尿病」という言い方をする専門家もいます。 糖尿病に罹患するとアルツハイマー病にかかる率も高くなる、という可能性もデータ分析を基に指摘されており、最近両者の関係性の研究が増えています。 しかし現在のところ、その証明はなされていません。

糖尿病の治療薬はアルツハイマー病の改善にも効果があるのか

重度の糖尿病の治療には薬物療法もあります。 最近その糖尿病の治療薬に、アルツハイマー病特有の症状までも軽減する効果があるとする研究発表がありました。 まず糖尿病とアルツハイマー病を併発しているが、その治療薬は服用していない患者さんと、アルツハイマー病のみに罹患している患者さんを比較したところ、前者のほうがよりアルツハイマー病の症状の悪化がみられました。 ところが、同じように併発しているが糖尿病の治療薬を用いている方とアルツハイマー病のみの方を比較すると、併発患者のほうがアルツハイマー病の症状に改善がみられたと言います。 糖尿病と脳の状態に関しては、妊娠糖尿病が胎児の脳の発達に影響を及ぼし、子供の 自閉症発症のリスクをあげるのではないかという報告もあります。 今は研究途上ですが、糖尿病と脳の状態には思わぬつながりがあるのかもしれません。